多くの社労士受験生が陥るワナ

多くの受験生が陥るワナ

kouza 人気の社労士試験ですが、勉強を始めた多くの受験生が本試験を受験することなく途中で勉強をあきらめることが実に多いんです。

これは、独学だけではなく、通学や通信で始めた場合でも同じですね。

じつは、社労士試験には、途中で勉強を断念する大きな理由が3つあります。

一つは、出題範囲があまりに膨大であることです。

労働基準法から始めて、年金科目に移るころには、労働基準法なんて、ほとんど忘れてしまっています。

それぞれの科目一つ取っても覚える分量が多いのに、次々に次の科目に取りかからなくてはなりません。

さらに、一つの出題科目に収まらない法律は一般常識という大きな括りで出題されますから、どの受験生も、その分量に圧倒されてしまうんですね。

二つ目は、どれだけテキストを読み込んでも問題が解けないこと。

すでに勉強された方ならおわかりだと思いますが、しっかりテキストを読んで講義を聴いて理解・記憶したつもりでも、いざ問題を解いてみると、全く正解できない事実に愕然としたはずです。

そして最後に、どれだけ勉強すれば合格ラインに到達できるのかわからないという点です。

独学の場合は、特に未知の世界になってしまうのですが、市販のテキストで勉強を進めていった場合、テキストのボリュームだけでも膨大ですから、すべての箇所に同じ時間をかけて勉強していっても、テキスト読みだけで本試験を迎えることになりかねません。

benkyou 以上が、受験生の前に立ちはだかる壁ですが、

では、具体的には、どのようにこの壁を乗り越えればよいのでしょうか?

 

結論からいうと、問題演習中心の勉強をすることです。

問題と解説を読むという切り口から勉強を始めることで、

1.本試験に出題される各科目の幹の部分から知識を組み立てることができる

2.問題を解くという演習によってしか、問題が解けるようにならないこと

3.多くの受験生が正解できる問題を確実に得点できるようになるので、最短 で合格ラインに達することができる

この3つのポイントは当たり前のようですが、多くの受験生は実践できていないはずです。

「そうはいっても、自分には具体的にどう勉強すればわからない。」

そう思われたかもしれません。簡単のようで、いざ実践するとなると、手が止まってしまうかもしれませんね。

じつは、大手予備校ですら、この、効率よく勉強して合格するという視点からは程遠い講座を開講したりしていますから、受験生は戸惑ってしまっても不思議ではありません。

では、どうすればよいかというと、難しく考える必要はありません。

合格第一で考えられた戦略を持った予備校を選んで受講することです。

おススメの社労士講座はこちら⇒クレアール社労士講座

おススメの社労士講座
クレアール社労士講座
大原社労士講座
IDE社労士塾
サイト運営者

    サイト運営者
 
資格試験勉強法アドバイザー nao
 
これまでに400人以上の社労士受験生の相談を受けてきました。
私自身もとても勉強になり、とても感謝しております。
社会保険労務士・宅地建物取引主任者の受験・合格を通して、国家試験用の勉強法を知ることの重要性に気付きました。
誤った情報に振り回されず、正しいやり方を実践すれば、迷いなく社労士試験に向かっていけます。
社労士資格が本当に必要で、努力されている方をこれからも応援します!

社労士講座の選び方
多くの受験生が陥るワナ
まずは資料請求してみよう
無料レポート進呈
通信で脅威の社労士試験合格力を付ける秘訣
メールマガジン登録
【社労士試験に通信講座で合格!】
択一式で8割超の結果を出した合格法をご紹介します。合格だけに照準を絞るとこうなります。

powered byまぐまぐトップページへ